電磁波の見える化と電磁波規制法の整備が大事です。

(20180825追加)別バージョンを追加します。海外向けに作ったものです。

日本はとりわけ、電磁波の管理に甘く、それが氾濫している国らしい。
そして30年前には電子立国と言われたことが現在では弊害になっている。
ハイテクが平然と悪用されている。

まず、前提として、下記を頭に入れてほしい。

RFIDに象徴されるように、今の小型電子機器には電源も電池も必要ありません。テレビやラジオや無線通信などの電波から電力を作っています。

モータを手で回すと発電できる。発電機に電気を送ると回る。同じように、スピーカーに繋がったコードに交じるノイズを分離すると、その場所の音声信号が入っている。また、マイクに音声信号を送るとスピーカになる。マイクは小さいので振動板に押し付けると聞こえる。これらには相反定理が存在する。電源も電池も必要ないとても小さな機器はどこにでも隠せるということです。

コイルや永久磁石を使用するダイナミックマイクはそれほど小さくできませんが、コンデンサマイクは小さくなります。圧電素子のピエゾ素子を使ったものは更に小さくなります。とても簡単な構造なので米粒ほどの大きさ以下になるでしょう。

日本では、伝振動スピーカー(Den vibration speaker)という商品が売られています。これは振動するスピーカーは小さくて、それをガラス板などに圧着して音を大きくするものです。この原理は逆にマイクなどにも使えるでしょう。ケースの裏側に付けるとマイクの穴の必要なく、外の音が拾えるでしょう。

DSPというマイクロチップがあります。これは高速にフーリエ変換などできます。アンテに入って来た広い周波数帯の電波から特定の周波数の電波を取り出すことが可能です。DSP内部の計算だけで可能なのです。DSPラジオというキットがあります。殆どチップのみです。ノイズ耐性や高音質で高出力などの要らない分野ではチップだけで音声の電波送信が可能です。もう昔のAMラジオのように沢山の部品は必要ないのです。

米粒ほどの大きさにCPUコアが64個書き込まれた写真があります。コア一つだとその64分の1のサイズです。現在ではDSPラジオがこの大きさでできてしまいます。いまではこのチップにDSPと必要最低限のメモリを同梱させることも簡単なのです。小さいコンデンサも入りますし、そこそこの精度でよければクロック発信ユニットも入ります。

モータの相反定理でも言いました。同じマイク構造の機器がマイクにもスピーカーにもなります。機器が対応していればです。マイク機器には2本の線があります。一方をGND端子に、もう一方をカップリングコンデンサを通してIN端子とOUT端子に繋ぐだけです。これはコンデンサも込みでチップ内部でも可能です。IN/OUT端子が一つでも内部でも分離できます。

波の重ね合わせの原理があります。同じ正弦波を反転して同期させると波が消えてしまいます。DSPのOUTの端子から音声信号をスピーカに送るとIN端子には外からの声波形の信号と混ざったものが入ってきます。DSPには送信した波形は分かっていますので、これを反転して重ね合わせるととうなるか。なんと外から入ってきた音声信号だけになります。

モータと発電機。スピーカーとマイク。これらは相反的理があると言いました。実はアンテナにもあります。アンテナは一つで送受信可能です。トランジーバを見ると当たり前ですが。更になんと、信号だけでなく電力も共有可能です。一本のアンテナから信号の送信と受信はもちろんのこと、電力まで受け取ることが可能だと言うことです。もちろん周波数は分ける必要があります。

なんと、米粒の大きさに、DSP、マイク/スピーカー機器、アンテナがそれぞれ一つずつ入るだけで全てが可能になってしまいます。たったこれだけの構造です。

ついでに、骨伝導の説明を入れます。私達は自分の声をどう自分で聞いているでしょうか。耳を塞いで喋っても自分の声は聴こえます。ベートベンは耳が聴こえなくなったあと、タクトを自分の歯で咥えて、それをピアノに当てて音を聴いたと言われています。なんと音楽の流れている携帯などを歯で噛むと良く聴こえます。我々の声は声帯や口腔内で振動によって形成されますが、これが頭蓋骨を通って耳の骨を振動させて、これを蝸牛に送って聞いています。頭蓋骨に骨伝導が伝わる。自分の歯はこの頭蓋骨に突き刺さっていますので、骨伝導は良く伝わるということです。だから音の振動がある機器を歯で噛むとその音が骨伝導として直接耳に入るのでよく聴こえるということです。このことは我々が外のスピーカから聴く音よりも骨伝導はもっと遥かに小さなレンジの音振動で効率良く音が伝わるということです。

以上、これらのことを踏まえて想像してみてください。日本のハイテクが暴走するととんでもないことになるということが分かると思います。技術には正義も悪もありません。しかし、それを使うのは人間です。使う人間によってはハイテクは最悪にも成りうるということです。
そして、私が言いたいことは唯一つ下記です。
私は電磁波の見える化技術が進歩することと、特定周波数帯の解析手法が一般化することを願っています。これらの技術をだれでも理解でき、これらの装置を誰でも作れて、誰でもプログラミングで実現できることを願っています。
#創価 #公明 #集団ストーカー #集スト #盗撮 #盗聴 #電磁波 #電波




 (20180510)明らかな脅迫のために戻します。

創価の工作員は知られたくない技術は、全く関係のないものを持ってきてミスリードするということです。本当の被害者は電磁波の見える化の促進を求めるのが本筋でしょう。知識格差は騙され易いということです。
マイクロ波視覚効果「フレイ効果」と思考盗聴と呼ばれるものは、物理的になんの関係もありません。フレイ効果では、変調マイクロ波(パルスマイクロ波)を人間に向けて発射すると「クリック音」などの音が聞こえる可能性を示しているだけです。この研究者も、「蝸牛の周りの人間の耳の部分の熱膨張の結果として起こることを示した」とあります。もともと脳とは関係ありません。
これによって脳内の思考パターンを取得できる可能性はないです。全く逆のものです。なぜこれによって思考盗聴が可能になるのか理解できません。物理的に全く別の現象がすり替えで説明されています。被害者である私はクリック音を聞いたことがありません。タイミング良く耳鳴りがする程度です。変調音ということで、この位の可能性はあると思います。
思考盗聴は脳波の検出によるものが一番に考えられますが、これは近接にデバイスがないと不可能です。防止の中に小さなデバイスが入れば可能なものです。これに似たような近接が可能なものは可能性があるということです。
MRIによる思考盗聴を語るニセの被害者がいます。核磁気共鳴は体内の水分子に含まれる水素原子の電子スピンを一定の方向に向けて揃えて計測する必要があります。これに必要な磁力を発生する永久磁石は相当に大きなものです。それほどの磁力が必要です。MRIを行う前に技師から磁石に反応する金属類の着用を禁止する旨を言われると思います。家庭でこれが行われるとスプーンなどの金属類は吹っ飛びます。また方位磁石などは確実に反応します。彼らは不可能なことを平然と使います。
ブラウン管の盗撮。ブラウン管の電子銃とカメラの撮像管は似て非なるものです。カメラの撮像管にはその直前に光を集めて焦点を結ぶレンズが必要です。このようなものがブラウン管にあると映像が見えません。また、ブラウン管の真空部分にカメラなどの異物が入ると映像に陰がでます。まず数千ボルトが掛かるブラウン管の内部に電子デバイスがあると一瞬で壊れます。ブラウン管での盗撮は不可能なことです。一方で液晶だと、液晶パネルは半透明です。その奥に全体が白く光る拡散板があります。これはバックライト用の板ですが、ここに1mm以下の小さな穴を空けてその向こうにピンホールカメラを配置するだけで、向こう側から見えます。こちら側からは一切見えません。マジックミラーと同じようなものです。偽の被害者はできないものにミスリードして、できるものは説明しません。私が画面を見ているときに仄めかしを受けだしたのは、ブラウン管から液晶に替え始めた頃からです。
#テクノロジー #テクノロジー犯罪 #思考盗聴



(前回文)
電磁波の見える化と電磁波規制法の整備が大事です。フライング20180113更新。
また、電磁波を通さない壁材や構造などの開発、低価格化と普及も大事です。

「電波で体がコントロールされる」は被害者を装ったネット対策部隊の嘘ですが、電磁波自体が悪用されることは考えられます。ハイテクは無害ですが、それを使う人間は狂ったものもいるということです。軍国主義もダメですが極度の平和ボケと性善説は身を滅ぼします。


私は電磁波については現在のところ主軸としては扱っていませんが、一部被害者の意見も正しく電磁波による弊害は顕著に現れてくるでしょう。
海外では電磁波による攻撃を行う兵器は実際に作られており、暴動鎮圧目的で使用される予定があったようです。何事も見えない部分やブラックボックスが悪用されるのは歴史を見ても明らかです。超音波域の音波についても見える化が望まれるでしょう。少なくとも電磁波は100%検出できますので、廉価版の偽物ではなく本物の測定器が安価に普及できることが急務だと思います。

※注意
ネット上には創価と思われるネット対策部隊の人間が「自分は集ストの被害者です」と偽って「電磁波で行動がコントロールされる」だとか「電磁波でイメージを送信してくる」などの意味不明の発言だけして、本当の被害者を「統合失調(精神分裂)」に貶めて火消しを頑張っている者も存在していますので気を付けてください。
本当の被害者ならば、こういった根拠のある話をきちんと説明します。大抵はそういった工作員は「キチガイ」の行動ばかりする傾向にあります。本当の被害者ならば「電磁波の見える化」や「電波規制法の整備」を求めるハズです。


下記のことを考えると日本家屋は特にこれらの影響に弱く、鉄筋コンクリートが有利と言えます。これは放火の件でも同じです。住宅メーカーも考慮して貰いたい案件です。
直リンクすみません。

暴動鎮圧用の電磁波兵器をアメリカ軍が公表
https://www.youtube.com/watch?v=Uj2hIeM2XcY
電磁波攻撃、電磁波を使った拷問・人体実験、モルゲロン、ナノチップによる脳の完全支配、「マインドコントロール」などについて
https://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12144031948.html
被害者が続出・電磁波兵器による一般国民への攻撃が日常化している!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/ffe95b7a29faddf5f57a72b0d50deda9








各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa)
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528(JUGEM)
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな)
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.html(ライブドア)
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)



※これはあくまで何かが起こったときの保険です。覚えて置いて貰うだけで、何もない間は取り立てて取扱いは必要ありません。ただ、覚えて置いてください。よろしくお願いいたします。保険というのは万が一何か起こったときのために残しておくものです。それ以上でも以下でもありません。あくまで万が一のためです。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2017年現在44歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。
私には騒いで保険をかけることしかできませんので、念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ44です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。
木造の古い家ですので押し入る可能性や放火、将来的に通院だけは外出しなくてはならなくなるのでその時に襲うケースが考えられます。創○学会を扱ってこういったことが起こることは確率的に問題があります。朝木市議の件もありますので仄めかしで
(それらの内容で)脅迫され続けている以上は知っておいて貰う必要がありました。普段はスルーしてください。もし広島県福山市で私の名前で事件が起こり、また音信不通やキチガイ活動に変わった場合は工作があったものと伝えていただければ有り難いです。
現在人生を完全に潰された被害者はこの位の覚悟で行動していると言うことを知ってください。祖母のカタキでもあります。

この記事へのコメント