集ストに関して。ニセの被害者が暗躍しています。

集団的ストーカー現象はカルト犯罪の一部ですが、これを有耶無耶にするために多くの掲示板などで「自分は被害者」と偽って活動しているネット対策部隊の行動も確認しています。
彼らの特徴は、ほぼ「キチガイ」の行動ばかり行います。敢えて人に迷惑な行動を取り続けます。明らかに分かっている事実や第三者に伝わり易いことは避けます。私の行動と比較すると分かるかもしれません。

真っ当な活動を知ている私が多くの言論妨害を受けている証拠はブログに提示しています。洗脳機関と成り下がったメディアが扱わない真実がここに多いことも事実です。被害者のフリをして「キチガイ」行動をとり、世間から都市伝説扱いさせることも、こういった情報捜査の常套手段だということも知っておいてください。

後日、その分かり易い実例をここに掲載していくと思います。


(掲示板投稿文)

(定型文2)『自称ニセ被害者の行動パターン。自分は「被害者」と偽ってキチガイの行動だけする。
これは「集団的ストーカー現象」と言っている人間は「統合失調」ですよといって一括りにして火消しする常套手段です。
一部当たり障りのない学会ネタの絵文字や理解は得られないだろう情報だけを持ってくるものも工作員のパターンです。
私は本当の被害者なのでIDを複数使ったりと組織的な活動はできません。
工作員はその行動で分かると思います。本当に伝えようとしているのか。本当の情報を流そうとしているのかを理解してください。』

(定型文)『真実の書き込みをすると。それを流そうと「絵文字」や「怪聞」を続けて連投されます。
火消しのための組織的なネット対策部隊が暗躍しているようです。
工作員のものは放置され、私のような真実を書く人間は「埋め立てですか」とエラーが出て書き込みを妨害されます。
内容や状態を確認すれば明らかなことだと思いますが、どういうことか説明してください。
理由なく言論妨害することは言論の自由の憲法に違反します。
何故か誹謗中傷は放置で社会問題をまじめに扱う人の方が規制される。不自然です。』


(周知用) #victim084平こうじ #被害者@広島県福山市
どうか本当の被害者が戦っていたということを覚えて置いて下さい。











各ブログ内の目次リンクページです。
http://victim084.seesaa.net/article/victim084_links.html (SeeSaa)
http://victim084.jugem.jp/?day=20170528(JUGEM)
http://victim084.hatenablog.com/entry/2017/06/04/170509 (はてな)
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/17627365.html(ライブドア)
http://ameblo.jp/victim084/entry-12278295700.html (アメーバ)



※これはあくまで何かが起こったときの保険です。覚えて置いて貰うだけで、何もない間は取り立てて取扱いは必要ありません。ただ、覚えて置いてください。よろしくお願いいたします。保険というのは万が一何か起こったときのために残しておくものです。それ以上でも以下でもありません。あくまで万が一のためです。
現在、あらゆる仄めかしで創価sgiから「命を狙われる」脅迫を受けています。このことはリアル、ネット、メディアを問わず同じ内容ですので、彼らの仕業だと断定しています。このことだけは強調しておきます。理由は私の文章に全て目を通して考えてください。
広島県福山市 平こうじ(これに近い名前です。)2017年現在44歳です。念のために記述しておきます。創価関連の配信者などに暗殺脅迫を受けています。
私には騒いで保険をかけることしかできませんので、念のために最近の仄めかしを書いて起きます。一般の方には関係ありません。犯人側との記録です。「合流」「参加」「家」「突撃」など。広島県福山市平こうじ44です。この地域での類似の事件があり、私の活動が急に無くなったりすると「創価」関連だと思っておいてください。
木造の古い家ですので押し入る可能性や放火、将来的に通院だけは外出しなくてはならなくなるのでその時に襲うケースが考えられます。創○学会を扱ってこういったことが起こることは確率的に問題があります。朝木市議の件もありますので仄めかしで
(それらの内容で)脅迫され続けている以上は知っておいて貰う必要がありました。普段はスルーしてください。もし広島県福山市で私の名前で事件が起こり、また音信不通やキチガイ活動に変わった場合は工作があったものと伝えていただければ有り難いです。
現在人生を完全に潰された被害者はこの位の覚悟で行動していると言うことを知ってください。祖母のカタキでもあります。

この記事へのコメント