未来の子どもたちに伝えたいコンピュータ7

(20191014追加)妨害ばかりなので取り敢えずここに投稿します。

「選挙の不正の可能性があります。
まだ確実にあるとは言いませんが、みんなで考える必要があります。
ザルですので。
箱の鍵はいくらつけても意味がありません。破れやすいシールで蓋と本体を貼って上に候補者全員がサインをするべきです。
また選挙速報は必要ないものです。なぜ数時間で発表するようなワイドショーと同じことをするのでしょうか。急がせることでチェックを疎かにさせます。
選挙は民主主義の根幹に関わる重要なものです。通常は3回はトリプルチェックするような重大なものです。次の日の晩でも誰も何も困らないのです。
用紙は開きやすいようにプラスティック製でもよいですが、なぜその表面をサイン可能なDVDの表面のようなペンで書きやすい加工をしないのでしょうか。
その部分だけプリンタブル加工です。あのザラザラした感じのペイントです。あれだと不正に消せません。
集票マシンはスケルトンにしてなにが問題なのでしょうか。これだとどこかに用紙が紛失したとしても一目瞭然です。民主主義の根幹がないがしろにされています。
あと、「誰がなっても政治は変わらない」はメディアが扇動した用語です。本当にまっとうな人間ばかりになれば必ず変わります。そう思わせているだけです。
ちなみに組織票は立候補者が何人でても殆ど入れるひとは変わりません。しかし一般表に頼る候補者は八百長でも立候補者が増えると確実に減ります。
なぜ当選票より落選票の合計が大きいのに考慮しないのかが不思議です。順位記入と☓記入にして落選票を組み入れるだけです。
#不正選挙 #選挙問題」




(20190610追加)飛ばして良いです。
「追加します。よろしくお願いします。
現在ネットでも多くで妨害を受けています。日本でも実際に情報操作が始まっています。5ch(2ch)では書き込みができなくなりました。
彼らは自分たちの都合の悪い人間を精神病に貶めます。
矯正措置入院問題も調べるとちらほらありますが、これも同じ部類でしょう。
これは偽装社会の基本的な常套手段だからです。
自分たちの都合の悪い人間を集団的ストーカー現象で貶めることも同じです。
ではなぜ防犯ネットなどでどう言われているのか知らせずに弁明の機会も与えないのでしょうか。この国には冤罪はないと言いはるのですか。
私は「ウイルス」の不可思議についてもきちんと説明しています。現在では簡単な対策もとられておらず、なぜかウイルスが集団的ストーカー現象に反応してPC妨害をします。
メディアはなぜ選挙をワイドショー(数時間速報のイベント)のようにして忙してチェックを甘くさせるのか。また日本の火災の第一原因は放火ですが、なぜ国民には正確に伝えないのか。現在これで脅迫されています。
なぜ真実を伝えないのか。よく考えてみてください。#不正選挙 #放火
PDF画像が入っているフリーストレージサイトです。第八章完了しました。
MEGA
https://mega.nz/#F!SYdxEQYB!aOxGBD3uCX7gJfKGZOOvJg 
4shared
https://www.4shared.com/folder/1am6EvuQ/COM.html
4Sync
https://www.4sync.com/folder/XYvjg-vv/COM8.html





偽装社会は、このウイルスの件で、ゲームなどのスピードが落ちるからセキュリティは完全にはできないと意味不明の言い訳をしてきます。
よく考えてみてください。景観や見た目が落ちるからテロ対策は完全にはしないといった意味になります。本末転倒なのです。
そして、「セキュリティ機構とスピートに関するASICでのコンテスト」のようなものも開催しません。ロボットコンテストはあってもセキュリティは向上させたくないようです。
そして私の意見ですが、現在はPCの性能も遥かに向上しており、重たいゲームなど以外の通常の文章ソフトやPDFソフト、動画ソフトですら旧スペックで十分といったものとなっています。
要は、ゴリゴリのゲームなどは新しいPCを使い、プライベートな日記などの作業や誰にも知られたくないHPの閲覧やアイデアの作業などは昔のPCや中古PCを使えば良いだけなのです。
オープンソース系のOSなどは遥かにウイルス事件が少なく(やらせの事件はHPに書きました)、余計な積立構造や複雑性、無駄な機能の肥大化もなく早く安全と聞きます。
また、誰でも基本的な作業程度はできるOSをDIYで作れる時代が望まれます。要は多様性が大事だということです。使い分けしてみることや適切な競争が安全安心に繋がることは歴史が証明しています。

「バッファオーバラン」という過去の遺物は現在では作れません。
MMCの「セグメント機構」にある、「メモリ範囲」と「その属性値」から不可能なことは理解できると思います。
更にいうと「リング3の一般アプリ」は例え暴走したとしてもシステムに影響はありません。
消去法でいうと一般プログラムよりシステムプログラムの方が問題が起こる可能性が高いのです。
そして、システムプログラムを作るプロの世界では「単体テスト」「結合テスト」など当たり前ですから
「バッファオーバラン」を逃すことの方が難しいのです。
なぜ現在でも「あるある詐欺」的な恐怖政治が使用されているのかを不思議に思ってください。
下記の私のPDFなどでもきちんと説明しています。どうか拡散をお願いします。
#ウイルス #マッチポンプ #偽装社会

PCのセキュリティがマッチポンプであるという根拠。

「セクタ1のブートセクタ」の改ざんもきちんとしたファイルシステムにすると絶対に不可能です。
リング3のユーザープログラムは、「セグメント機構」「ページング機構」で完全にプロセスが分離されています。PCの機能はAPIを通してしか実現できない構造になっています。
ユーザー・プログラムは「ディレクトリ」や「ファイル」単位でディスクの読み書きを行います。これらのプログラムに「セクタ単位」のAPIを使用されることがまずあり得ないのです。
「デフラグ」のプログラムでさえ、「セクタ単位」のAPIを使用しますが、これでさえ、「セクタ1のブートセクタ」や「システム領域」のセクタを書き換えられないようにチェックするAPIを使用します。
そもそも、ダウンロードした出処不明のゲームプログラムが「セクタ単位のAPI」を使用しようとしたり、更に「セクタ1ブートセクタ」の読み書きを使用としたら
「このプログラムはセクタ1を書き換えようとしています。実行させますか?」と表示すれば誰でも首をかしげます。
このような基本的な「インフォームド・コンセント」も備わっていないことになります。「インフォームド・コンセント」の方法論は多数ありますが、なぜこのような基本的なこともできていないのでしょうか。
考えてみてください。本気でウイルスの対策を行おうとしていないように穿った見方をしてしまいます。実際に被害者のPCでは異常ばかりです。コアにPCを使っている人間より何百倍も異常が発生する不思議さです。





「未来の子どもたちに伝えたいコンピュータ」の第8章です。

A001_R.JPG

A002_R.JPG

A003_R.JPG

A004_R.JPG

A005_R.JPG

A006_R.JPG

A007_R.JPG

B001_R.JPG

B002_R.JPG

B003_R.JPG

B004_R.JPG

B005_R.JPG

B006_R.JPG

B007_R.JPG

B008_R.JPG

B009_R.JPG

B010_R.JPG

B011_R.JPG

B012_R.JPG

B013_R.JPG

C001_R.JPG

C002_R.JPG

C003_R.JPG

C004_R.JPG

C005_R.JPG

C006_R.JPG

C007_R.JPG

C008_R.JPG

C009_R.JPG

C010_R.JPG

C011_R.JPG

C012_R.JPG

C013_R.JPG

C014_R.JPG

C015_R.JPG

C016_R.JPG

C017_R.JPG

C018_R.JPG

C019_R.JPG

D001_R.JPG

D002_R.JPG

D003_R.JPG

D004_R.JPG

D005_R.JPG

D006_R.JPG

D007_R.JPG

D008_R.JPG

D009_R.JPG

D010_R.JPG

D011_R.JPG

D012_R.JPG

D013_R.JPG

D014_R.JPG

D015_R.JPG

D016_R.JPG

D017_R.JPG

D018_R.JPG

D019_R.JPG

D020_R.JPG

D021_R.JPG

D022_R.JPG

D023_R.JPG

D024_R.JPG

D025_R.JPG

D026_R.JPG

D027_R.JPG

D028_R.JPG

D029_R.JPG

D030_R.JPG

D031_R.JPG

D032_R.JPG

D033_R.JPG

E001_R.JPG

E002_R.JPG

E003_R.JPG

E004_R.JPG

E005_R.JPG

E006_R.JPG

E007_R.JPG

E008_R.JPG

E009_R.JPG

E010_R.JPG

E011_R.JPG

E012_R.JPG

E013_R.JPG

E014_R.JPG

E015_R.JPG

E016_R.JPG

E017_R.JPG

E018_R.JPG

E019_R.JPG

E020_R.JPG

E021_R.JPG

E022_R.JPG

E023_R.JPG

E024_R.JPG

E025_R.JPG

E026_R.JPG

E027_R.JPG

E028_R.JPG






(単なる参考リンク集です)ホビーやDIY文化が行いやすくなると良いです。
偽装社会ですので、私はOSSなどを応援しています。

OSカーネルを0から作り始めてみた
https://qiita.com/master_mochi/items/431b3b11410a0eed8f4e
30分で分かる!OSの作り方
https://www.slideshare.net/uchan_nos/30os
0から作るソフトウェア開発
http://softwaretechnique.jp/OS_Development/kernel_index.html
【2000行弱!】x86用自作カーネルの紹介
https://www.slideshare.net/yarakawa/2000x86
OSKitで遊ぼう
http://www.media.osaka-cu.ac.jp/~k-abe/oskit/#
Linuxカーネルを読む前にやったこと
http://komukomo.hatenablog.com/entry/2017/04/25/023455
無料のWindows仮想マシンをQEMUで動かす
https://qiita.com/Hiroki_Kawakami/items/b18f6c50df4ce215e40d
Wine - ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wine
OSASK - ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/OSASK
OSASK
https://ja.osdn.net/projects/osask/
国産のオープンソースOS「Mona OS ver.0.3.0」公開
https://mag.osdn.jp/09/10/13/0931247
Firefox OS搭載スマホ
https://codezine.jp/article/corner/570
OSのようなもの
https://wocota.hatenadiary.org/entry/20080915/1221458914
組込みOS自作入門
https://matome.naver.jp/odai/2156336516980446701/2156336601380651203
ExDOS を動かしてみた
https://equal-001.hatenablog.com/entry/2016/04/08/023532
OSがあまりにわからなかったからとりあえず自分でOSつくっちゃった話
https://www.eidos.ic.i.u-tokyo.ac.jp/~tau/lecture/operating_systems/2015/OS%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%9A%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A7OS%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A9%B1.pdf
フルスクラッチで作る!x86_64 自作 OSパート 3
http://yuma.ohgami.jp/x86_64-Jisaku-OS-3.pdf
Linux Kernel Library
https://en.wikipedia.org/wiki/Linux_Kernel_Library
30日でできる!OS自作入門 まとめ
http://bttb.s1.valueserver.jp/wordpress/blog/tag/os%E8%87%AA%E4%BD%9C/


『OS自作入門』
12ステップで作る 組込みOS自作入門
C言語によるリアルタイム組込みOS自作講座 大型本
C++でできる!OS自作入門
リアルタイムOSから出発して 組込みソフトエンジニアを極める[改装版] 単行本
リアルタイム組込みOS基礎講座 単行本
組込み開発のための実践的プログラミング 単行本
ハロー“Hello,World”OSと標準ライブラリのシゴトとしくみ
ARMでOS超入門 (ARMマイコン)
動かしてわかる CPUの作り方10講 単行本(ソフトカバー)
Raspberry Piで学ぶコンピュータアーキテクチャ 単行本(ソフトカバー)
TCP技術入門 ――進化を続ける基本プロトコル (WEB+DB PRESS plusシリーズ) 単行本(ソフトカバー)
自作エミュレータで学ぶx86アーキテクチャ-コンピュータが動く仕組みを徹底理解! 単行本(ソフトカバー)
コンピュータシステムの理論と実装 ―モダンなコンピュータの作り方 単行本(ソフトカバー)
Linkers & Loaders 単行本
リンカ・ローダ実践開発テクニック―実行ファイルを作成するために必須の技術 (COMPUTER TECHNOLOGY) 単行本

この記事へのコメント